霊界の入り口

こんにちは!
スピリチュアルヒーリングの
和泉龍葉です。





普段行かない街に出掛けた時ですが

駅前にある立て看板が出ていました。



そこには

火葬場建設反対

と大きな文字で書かれています。


どうやら

お役所と地元住民との間で

火葬場建設の問題が起きて

反対運動が起きているようです。



やはり

火葬場のイメージって

人が生活する環境の中にあるのは

どうも不自然なものを感じるんですね。




でもね


火葬場が霊界の入り口になることは

ないと思っています。


なぜなら

人は亡くなった直後に

スピリチュアルガイドに出会い

その先の世界へ導かれるからです。


だから

他界後から火葬場までの時間のうちに

他界した人は自分の行き先に旅立ってしまうんです。

ただ、次の世界から火葬場に来ている人たちを

見ている事はあるでしょうが。



では

入口ってどこなの?

って話ですが


簡単に言うと亡くなった場所です。


大半の方の場合は

病院で亡くなりますが

その病院の空間そのものがあの世の入り口とも言えます。



そして

意外に気付かれていないのは

老人ホームです。


火葬場では地元で反対運動が起きるのに

なぜか老人ホームに関しては

反対運動が起きているニュースは聞きません。


しかし

毎日のように老人ホームでも

入居されている方が亡くなっているのも事実です。



私も以前

ある老人ホームに勤務していましたが

急に容体が悪化して、そのまま他界する人もいます。


私が担当した入居者の方も他界された方が

いましたが

他界後に遺族の方々が遺品をホームから持ち出して

契約終了となった翌日に

その他界した人がホームの廊下を歩いている姿が

私には見えました。





正確には霊視したわけですが

亡くなった病院で

スピリチュアルガイドに出会っているはずなのですが

自分が死んだことに気付いていない様子でした。


その表情には戸惑いの気持ちが見て取れます。

おそらく

その老人ホームでの記憶にしばられているのか

生前の思いを断ち切ることが出来ないのでしょう。

まだその方は未浄化な状態です。







結局、その方は

3日間ほどホーム内をうろうろしていましたが

いつの間にか消えていました。







ここのところ

老人ホームでの職員の暴行事件が

表沙汰になっていますが


私に言わせると


老人ホームって、霊障がとても起きやすい場所なんですよ。


つまり

霊的に浄化されていない場所と言う事です。






先にも書いたように

自分が死んだことに気付かない人が

その先の世界にも旅立たずにその場所に

居座ってしまうためです。


つまり

地縛霊と言う存在です。


この存在はとても無視できない存在ですから

霊的な感覚のある方は

充分に注意してください。



ただ

誤解して欲しくないのは

あの世への入り口だからどうこうではなくて

あの世へ旅立てない人たちのたまり場に

なっている可能性が高いと言う事なんです。



それだけに

あの世へ旅立つための基礎知識って

やはり必要なんだなって思います。








なお、当ブログで紹介している内容の実践は
全て自己責任でお願いいたします。



私のツイッターアカウントは

になりますので、もし良ければフォローお願いします。




人気ランキングに登録しています。
投票は下の画像をクリックしてください。ご協力ありがとうございました。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ヒーラーへ

この記事へのコメント